NEWS

【著作権侵害】スクショNGはいつから?適応時期やキャッシュなどの対応も調査!

著作権侵害

文化審議会著作権分科会では、著作権を侵害していると知りながらインターネットに掲載されている漫画、写真、論文などのコンテンツをダウンロードすることが禁止することを決めました。

さらに今回の審議では、「スクリーンショット」も対象となります。

文化審議会とは?

文部科学省に設置されたもの。
国語審議会、著作権審議会、文化財保護審議会、文化功労者選考審査会の機能を整理・統合する目的

その中に、文化審議会著作権分科会があり、大学教授を中心に構成されています。

『著作権侵害』でスクショNGなど違反対象や具体例は?

今回、決まった内容はNG内容は

著作権を侵害していると知りながら・・

・ 漫画
・ 写真
・ 論文
そのほかアニメ、イラスト、絵などコンテンツのダウンロード

スクリーンショット

これに違反したことで、刑事罰の対象となるのが、

海賊版対策に必要な範囲で刑事罰による抑止を行う必要性が高い悪質な行為に限定する

ということで、具体的には、

・海賊版サイトのダウンロードや

・原作そのまま複製

・権利者に直接害がでてしまう時

・何度も繰り返す場合

ということです。

『著作権侵害』でスクショNGの対象や具体例は?

具体的な時期についてはまだ決まっていませんが、早くて2020年から適応されるとのこと。

『著作権侵害』決定によってみんなの反応は?

簡単な話そう解釈できますね。

最近は小学生でもネットを簡単に使え、インスタやツイッターでもすぐにアップできる時代。

この解釈だとわからない部分も多く、解釈するのも難しいので図解などを利用してわかりやすく説明して欲しいですね。

こういう意見も。

確かに、海賊版については、スクリーンショットのコンテンツよりもさらに上をいっていると思いますが・・・

どこまでの資料や実態を把握して、こういう結論にいたったのか気になるところです。

>>今回の話し合いの議事録確認できます