TV

セブンルールの動物写真家『半田菜摘』が働いている病院は?【3月19日放送】

3月19日のセブンルールで紹介されるのが、看護師をしながらも動物の写真を撮るカメラマンとしても活躍している半田菜摘さん。

その半田菜摘さんのプロフィールや勤務先の病院がどこなのか調べてみました。

あわせて読みたい
半田菜摘 セブンルール
半田菜摘が使っているカメラのメーカーや価格は?【セブンルール3月19日放送】3月19日の『セブンルール』では、看護婦さんをしながらカメラマンとしても活躍している半田菜摘さんが特集されます。 半田菜摘...

半田菜摘さんのプロフィールは?

北海道旭川出身の彼女。

看護婦は、学生時代から目指し、看護師免許を取得。

そして、看護師になって2013年にカメラを本格的に始めます。

“ひつじさん”
“ひつじさん”
何十年もカメラをされているわけでなく、まだまだ6年とカメラ歴は浅いのにものすごくいい写真を撮られていますね。

半田菜摘さんは結婚してる?

半田菜摘さんは結婚されており、旦那さんの仕事は林業に携わっています。

その素敵な旦那さんと、柴犬と一緒に住んでいらっしゃいます。

自然の動物を相手に、過酷な撮影かと思いますが、そんな撮影だからこそ1枚1枚に特別感がありますね。

これだけの写真が撮れるのであれば、写真家として生活していけそうですが、半田菜摘さん看護婦さんとしても活躍されていらっしゃるのがすごいです。

半田菜摘さんの勤めている病院は?

半田菜摘さんが勤めている病院ですが、旭川市内の「くにもと病院」というところです。

くにもと病院の学術実績の中に半田菜摘さんの論文もあります。(2015年のもの)
>> くにもと病院公式ホームページ

論文のタイトルは、『効果的なアプローチによる看護倫理に対する意識の変化~写真を用いた看護倫理ニュースを発行して~』という写真家らしい論文なのではないかと思われます。

“ひつじさん”
“ひつじさん”
「看護倫理ニュース」の中に写真を利用するということなんでしょうね。ぜひ読んでみたいです。

くにもと病院は、北海道旭川市にある大腸肛門病専門病院です。

病院にはあまりお世話になりたくないですが、ぜひとも看護婦さんとして活躍されている半田菜摘さんをみてみたいですね!