NEWS

私立市原中央高校の女風呂に入った男性副校長の画像と名前は?飲んだお酒の量も!

女風呂 副校長

私立市原中央高校(千葉県市原市)の男性副校長が、修学旅行の引率で訪れた旅館で泥酔。

その後、女湯に侵入して、放尿していたことが30日、同校への取材で分かったとの報道がありました。

“ひつじさん”
“ひつじさん”
修学旅行で泥酔だなんて学生よりも楽しんでたんですね・・・

私立市原中央高校の副校長とは?

2018年の偏差値は、57ー64と結構頭のいい学校ではあります。

また、コースも普通科だけでなく、「ハイレベルチャレンジコース2類」や、「英語コース」「芸術コース」などいろいろなコースが選べる学校です。

また私立だけに施設もとても充実しています。

今回その私立市原中央高校の副校長についてわかっていることは

【年齢】 61歳

ということだけです。

画像や名前はわかり次第追記していきたいと思いますが、すでに辞表を提出しているようで相当反省はされているようですね。

この辞表に対して、真板竜太郎校長は職員の意識を改善していきたいとコメントを出されていますが、処分じたいは、学校法人で検討されているようです。

女風呂に入った副校長のお酒の量は?

どんだけ飲めば、女風呂に入ってしまうほどの行動にでるのかということで飲んだ量を調べてみると・・・

・ビールで乾杯
・ハーフボトルのワイン2本
・日本酒の4合びん1本の大半

“ひつじさん”
“ひつじさん”
この日は旅行最後の日で、気が緩んだのかもしれませんが、女風呂に入った記憶は本人ないようです。

市原中央高校の修学旅行の日程は?

市原中央高校の写真部の方がツイッターをあげていましたので紹介すると・・・

今回修学旅行に行ったのは、市原中央高校の2年生。

新幹線で大阪〜ユニバーサルスタジオジャパン〜京都

という旅程で、京都だけでなく、大阪もまわっていたようです。

↑ この日の夜に副校長が女風呂に入ってしまうわけですが、学生さんもまさかそんなことがあったなんて思わなかったでしょうね。

ちなみに、女風呂には、脱衣所に、女子3人が片付けをしていたといいます。

まさか酔っ払ったおじさんが、女風呂に入って放尿しているところをみてしまったら・・・結構トラウマになりそうです。