TV

鈴木光の姉も頭がいい?両親や実家の写真と小学校の教育方法の詳細!

鈴木光

東大生でありながらも、「スタンフォード大学が認めた才媛」。さらにその容姿もかわいいとまさに『才色兼備』で話題の鈴木光さん。

人気クイズ番組『東大王』では、かわいすぎ!と人気になり、難問を次々と解答する姿にも注目をあびました。

そんな鈴木光さんについてどういう環境で育ったらそんなに頭がよくなるのか・・・家庭環境やご両親、家族にについても調べました。

鈴木光さんのプロフィール

【名前】 鈴木光(すずきひかる)

【生年月日】 1998年

【学歴出身校】 筑波大学附属中学校 → 筑波大学附属高等学校 → 東京大学文科一類

“ひつじさん”
“ひつじさん”
筑波大学附属中学校は、東京都文京区大塚にある学校です。筑附の偏差値75とすでに中学校のころから優秀だったようですね!

鈴木光の姉も頭がいいの?

鈴木光さんには、双子のお姉ちゃんがいます。

その詳細については、公開されていませんが、双子だったということもあり、小さい頃から似たものが好きだったようです。

さらに、幼稚園では、お姉さんと一緒にインターナショナルスクールの幼稚園に通っており、当時は英語しか話せなかったといいます。

鈴木光の両親や実家の写真は?

ご両親の写真は見つかりませんでしたが、とてもいいご家庭なのではないかと推測されます。

というのも、鈴木光さんが行かれていたインターナショナルスクールの幼稚園は、一般的に初年度に普通の幼稚園の2倍以上お金がかかると言われています。

さらに、双子なので、かかるお金もその二倍!

それでも、その時に培った英語はかなり大人になっても役にたったようですね。

鈴木光さんの教育方法は?

そんな優秀な鈴木光さんの教育方法は、劣っているものに注目するというよりも、自分の好きなこと、得意なことを伸ばしてあげる両親の環境のもと育ったようです。

また、小学生時代はとにかく本の虫だった鈴木光さん。

『モモ』や、『ビルマの竪琴』、『一房の葡萄』など普通の子供が読んでいる本の内容よりも少し大人向けの本を読んでいたと言います。

“ひつじさん”
“ひつじさん”
ちなみにお母さんも本の虫だったようで、本好きなのは環境はもちろんのこと遺伝なんでしょうね。ただ、お母さんは鈴木光さんに本を読むことを強制することはなく、読んでほしい本をさりげなく置いておくというスタイルだったとのこと。

その後も、シンガポールで開催される国際的な高校生サミットへ学校の代表として派遣されたり、中学校3年生で英検1級に合格したりと素晴らしい活躍をされていますが、その時に役に立った英語も、お母さんが、家庭教師をつけてくれたり、夏休みに海外からのホームスティの人を受け入れてくれたりと英語が使える環境にお母さんが積極的に力をいれてくれていたようですね。

現在は、「東大王」として番組にも出演されている鈴木光さんですが、将来は、弁護士になることを考えているとのこと。

ぜひとも夢を叶えてほしいですね。