OLIMPIC

聖火ランナーの応募方法や募集期間は?各地リレーコースも!【東京オリンピック2020】

東京オリンピックの聖火リレーを走るランナー募集がはじまります!

聖火ランナーになると、一人200メートル走ることになり全体で1万人走れるんだとか。

日本でオリンピックが開催されるなんて人生に一度あるかないかの貴重なイベント。

この機会にぜひ聖火ランナーのチケットを手に入れたいですね。

聖火ランナーの応募条件

今回聖火ランナーとして応募できるのは以下の条件に適応する人です。

・ 2008年4月1日以前に生まれた人。
つまり現在11歳以上となるので、2020年のオリンピックイヤーの際は中学1年生以上の年齢が必要です。

・ 希望する都道府県になんらかのゆかりがあること
ゆかりがあるというは、希望する都道府県に自宅や職場、学校があったり過去に住んでいたりするなど自分と関係があること。

反対に応募できない人は

・ 国や地方自治体の議員や首長

・ 政治団体のトップ

“ひつじさん”
“ひつじさん”
政治や宗教のほか私的な宣伝を行うことも禁止なんだとか。純粋にオリンピックを盛り上げて走りたいという人が参加できるわけですね!

聖火ランナーになったら?

参加は無料です。

ユニフォームが支給されますが、集合場所までの交通費や宿泊費は自己負担です。

>> 聖火ランナーの全国コースはこちら

“ひつじさん”
“ひつじさん”
走る区間や場所は大会組織委員会が指定されるとのことなので「ここを走りたい!」という希望はどのくらい通るのかはわかりません。

聖火ランナーの応募方法や期間は?

各都道府県での募集に応募するかスポンサー企業の募集に応募するかどちらかです。

ちなみに今回募集を受け付ける企業は4つ。

「日本コカ・コーラ」、「トヨタ自動車」、「日本生命」、「NTT」。

募集期間は表の通りです。

募集 応募開始 応募締め切り 決定
日本コカ・コーラ 6月17日〜 8月31日 12月以降
トヨタ自動車 6月24日〜
日本生命 6月24日〜
NTT 6月24日〜
各都道府県 7月1日〜

募集までの流れですが、聖火ランナーを希望する自己PRなどを記入する募集要項などをそれぞれの応募先に送り、選考が行われます。

そして、その推薦を受けてから大会組織委員会がランナーを決定。

その後決まった人には順次連絡していきます。

聖火ランナーはいつから走る?

聖火ランナーのスタートは、2020年3月26日の福島県から。

3月12日のギリシャ古代オリンピア市聖火採火式での火をそのまま宮城の松島基地にもってきます。

その後、福島県楢葉町・広野町の「ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ」にてグランドスタートとなります。

“ひつじさん”
“ひつじさん”
およそ5ヶ月かけて全国を聖火がまわっていくというわけです。聖火リレーなんんてめったにできない経験なのでぜひ応募条件があえば応募したいですね!