EVENT

博多祇園山笠2019追い山のJR・地下鉄・バス・西鉄電車の臨時便まとめ

いよいよ2019年の山笠が迫ってきました。

博多祇園山笠自体は7月1日から始まるのですが、(性格には山笠関係者は1年中準備しています。)一番の目玉でもあり楽しみなのが追い山。

今年の追い山7月15日は、「海の日」でおやすみ。

“ひつじさん”
“ひつじさん”
時間を忘れて存分に追い山を楽しめますね。

博多祇園山笠2019追い山のJR・地下鉄・バス・西鉄電車の臨時便は?

その追い山ですが、始まるのは午前4時59分。

これに待ち合うバスや電車は普段ないのですが、追い山に合わせて臨時のバスや電車が出ています。

まだ2018年バージョンしか出ていないので2019年バージョンが出ましたらすぐにこちらで追記していますが、どの年もほぼ同じ時間に運行されるようです。

JR

追い山 臨時 JR

門司港から博多の電車は4時9分に到着するので到着後ゆっくり歩いてもどのポジションからでも追い山を見る場所への移動ができます。

一方で「筑前前原・九大学研都市方面から 祇園・博多方面になると博多駅着は4時33分到着です。

博多駅まで行かずに祇園駅で降りての移動がおすすめです。

地下鉄

こちらもまだ2019年バージョンが出ていませんが、臨時の地下鉄は走るのでご安心を。

七隈線、箱崎線、空港線全てに臨時の地下鉄が出ています。

バス

3時台からのバスが各線で出ています。

3時15分ぐらいから始発が出発しているのでそれに乗れば追い山には余裕で間に合いますね。

西鉄電車

こちらもまだ2018年バージョンのみの確認となります。

2018年度では、花畑を2:55に出発。

その後、4時1分に到着する普通と、筑紫を3時27分に出発。

3時51分に到着する快速があります。

かなり早い時間にあるので、寝ていられないですね。

もちろんこの時間に乗れない方や、遠くから見に行く方は前の日から天神や博多で夜を明かす人多いです。

“ひつじさん”
“ひつじさん”
2時すぎぐらいから追い山に参加する人の行列が始まるので、ちょっと遅くまでやっていたり24時間レストランで時間をつぶして追い山にそなえる人が町中にあふれています。

またわざわざこの日に遠方から来てホテルをとる方も。

それぞれ追い山の前の日の過ごし方はバラバラですが、街にでるといつもとは違う熱気ムンムンの状態。

一度でも見るとしびれますよ。